路地から、急な飛び出しかなんわ…。

路地から、急な飛び出しかなんわ…。

でも自動ブレーキあるから安心やわ〜。

でも自動ブレーキあるから安心やわ〜。

※車両によって装備が異なります。詳しくはお問い合わせください。

プリクラッシュセーフティシステム
イメージ
※こちらの動画は音声が流れますので、ご注意ください。

よそ見してたら車線超えそうなって危なかったわ…。

よそ見してたら車線超えそうなって危なかったわ…。

でもブザーで知らせてくれるし安心やわ〜。

でもブザーで知らせてくれるし安心やわ〜。

※車両によって装備が異なります。詳しくはお問い合わせください。

レーンディパーチャーアラート
イメージ
※こちらの動画は音声が流れますので、ご注意ください。

暗い道で、運転すんのかなんわ…。

暗い道で、運転すんのかなんわ…。

でも自動でハイビームつくから安心やわ〜。

でも自動でハイビームつくから安心やわ〜。

※車両によって装備が異なります。詳しくはお問い合わせください。

オートマチックハイビーム
イメージ
イメージ
※こちらの動画は音声が流れますので、ご注意ください。

高速道路で前のクルマにぶつけたらかなんわ…。

高速道路で前のクルマにぶつけたらかなんわ…。

でも自動で車間距離保つし安心やわ〜。

でも自動で車間距離保つし安心やわ〜。

レーダークルーズコントロール
イメージ
イメージ
※こちらの動画は音声が流れますので、ご注意ください。

駐車がほんまに苦手やわ…。ぶつけたらかなんわ…。

駐車がほんまに苦手やわ…。ぶつけたらかなんわ…。

誤発進おさえるし安心やわ〜。

誤発進おさえるし安心やわ〜。

※車両によって装備が異なります。詳しくはお問い合わせください。

・誤発進抑制制御機能・後方誤発進抑制制御機能

約10km/h以下で障害物を認識後、踏み間違い(アクセルペダルを強く踏み込んだ場合)を判定してエンジン出力を抑制し、ブザーとメーター、ディスプレイ表示でお知らせします。

イメージ
※こちらの動画は音声が流れますので、ご注意ください。
インテリジェントクリアランスソナー

アクセルの踏み間違いや踏みすぎなどで起こる衝突を緩和し、被害の軽減に寄与するシステム。車庫入れなどの運転時、障害物の接近を表示とブザーで知らせる「クリアランスソナー」に、障害物との接触を緩和する機能を新たに追加。前後進行方向にある壁などの障害物を検知している場合、発進時にエンジン出力を抑制し、さらに距離が縮まると自動的にブレーキをかけます。

※こちらの動画は音声が流れますので、ご注意ください。
クリアランスソナー&バックソナー

車庫入れなどの低速(約10km/h以下)での運転時、超音波センサーが障害物との接近を感知。ブザーとメーター内の表示灯で注意を促します。パノラミックビュー装着車は、ナビ画面に表示し、接近部位の音声案内も行います。

イメージ
ドライブスタートコントロール

シフト操作時における急発進を制御し衝突の被害軽減に寄与するシステム。例えば、後退時に衝突し慌てたドライバーが、アクセルを踏み込んだままシフトを「R」から「D」へ変更した際、表示で注意を促すとともに、エンジン出力を抑えて急発進・急加速を抑制します。

※こちらの動画は音声が流れますので、ご注意ください。

これまで以上の、新しい「安心」。GRAND SAFETY PLUS

後方確認アラート

駐車時に後方車両を
検知するから安心。

駐車時に後方車両を検知するから安心。

後方確認アラート

リヤクロストラフィックアラート

後方自動ブレーキ

後方自動ブレーキ

リヤクロストラフィックオートブレーキトヨタ初

後方自動ブレーキ

死角があっても安心。

車線変更支援

ブラインドスポットモニター

[インテリジェントクリアランスソナー(リヤクロストラフィックオートブレーキ機能付)について]■インテリジェントクリアランスソナー(リヤクロストラフィックオートブレーキ機能付)は自動ブレーキまで働くシステムではありますが、必ず止まることを約束するものではありません。道路状況、車両状態および天候状態等によっては作動しない場合があります。また、衝突の可能性がなくてもシステムが作動する場合もあります。詳しくは取扱書をご覧ください。■安全運転を行う責任は運転者にあります。常に周囲の状況を把握し、安全運転に努めてください。■ソナーの感知範囲、作動速度には限界があります。必ず車両周辺の安全を確認しながら運転してください。■写真は作動イメージです。■写真のカメラ、レーダーの検知範囲はイメージです。 [リヤクロストラフィックアラートについて]■天候状態、道路状況、および車両状態によっては、ご使用になれない場合があります。■リヤクロストラフィックアラートはあくまで運転補助機能です。本機能を過信せず、運転に際してはドライバー自ら周囲の安全状況を直接確認する必要があります。■ブラインドスポットモニターのレーダーは真後ろの車両を検知できないため、リヤクロストラフィックアラートは必ずバックモニターと合わせてご使用ください。■写真は作動イメージです。■写真のカメラ、レーダーの検知範囲はイメージです。[ブラインドスポットモニターについて]■検知対象の目安となる大きさは、小型の二輪車よりも大きな車両となります。一部の特殊な道路状況等では、静止物に対してもインジケーターが点灯する場合があります。■天候状態、道路状況、および車両状態によっては、ご使用になれない場合があります。■ブラインドスポットモニターは、車線変更時の後方確認をアシストするシステムです。実際の車線変更時にはドライバー自ら周囲の安全状況を直接確認する必要があります。■写真は作動イメージです。■写真のカメラ、レーダーの検知範囲はイメージです。