インフォメーション

【1/10発表】新型プリウス 登場!

2023.01.10

1997年に世界初の量産型ハイブリッドカーが誕生して25年。
プリウスは、圧倒的な低燃費性能を備えた新世代のエコカーとして、HEVの普及を牽引してきました。
新型は「Hybrid Reborn」をコンセプトに、従来の強みである高い環境性能に加え「一目惚れするデザイン」と「虜にさせる走り」を兼ね備えたエモーショナルなクルマへと進化しました。

 

プリウスらしい「モノフォルムシルエット」を引き継ぎながら、より低重心かつスタイリッシュなデザインは、長く愛されるための「感性に響くエモーション」と「普遍的な美しさ」が表現されています。新色のボディカラー「アッシュ」と「マスタード」は、スポーティな印象を与えるソリッドカラーベースで、毎日のドライブをより豊かな景色へと彩ります。

Photo: Z(2WD)(左)アッシュ〈1M2〉 (右)マスタード〈5C5〉

 

<虜にさせる走り>

2.0Lモデル/1.8Lモデルとも、最新の「第5世代ハイブリッドシステム」を搭載。2.0Lモデル(Zグレード・Gグレード)は、従来型*1を上回る低燃費(28.6㎞/L*2)を達成し、システム最高出力は従来型比1.6倍*1となる144kW(196PS)を実現。
プリウスならではの高い環境性能に加え、心地よい加速感やドライバーの思い通りに反応するレスポンスの良さで「虜にさせる走り」を両立しました。

 

1.8Lモデル(Uグレード・Xグレード)は、改良を重ねつつ、全ての電動モジュールを刷新したことで、32.6㎞/L*3の低燃費を達成。走りにも磨きをかけ、ハイブリッドならではのシームレスな加速に加え、軽やかな出足とダイレクトな駆動力レスポンスを感じていただけます。

(左)2.0Lハイブリッドシステム (右)1.8Lハイブリッドシステム

 

*1 従来型プリウス A“ツーリングセレクション”(1.8L HEV・FF、17インチタイヤ装着)のWLTCモード燃費27.2㎞/Lとの比較。*2 28.6km/LはZグレード(2.0L HEV・FF、19インチタイヤ装着)のWLTCモード燃費。国土交通省審査値*3 32.6km/LはUグレード(1.8L HEV・FF、17インチタイヤ装着)のWLTCモード燃費。国土交通省審査値

 

 

プリウスの詳細はこちら

トップへ戻る

ページトップへ戻る